忍者ブログ

2019-12-12(Thu)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-11-04(Thu)

下関


より大きな地図で 下関 を表示
東海道復路の、吉原まで来ている今日この頃
秋の、旅をするには一番良い、一番好きな季節なのに、仕事の方が2連休、しかも夜間当番開けの二連休しかない。
どうしても旅がしたかったので、西国街道はじめました。

東海道の方は、いまエボルタ君が頑張っているようです。一回の充電で何里ぐらいいけるのかな。



◆ 西国街道について
東海道と違って、山陽道は何処が起点なのかよくわかりません。江戸時代の制定としては、赤間関から京都東寺にいたる道であるようなので、赤間神宮で良いんじゃないでしょうか。適当。
名称についても、山陽道、西国街道、中国街道、山陽路、光面道、いろいろな名称があり、その定義も時代によって違い…わやわやなんです。古代からの道であるため、その時代ごとのルートや宿が複雑に重なり合っているのですね。だから何れが本当とは言えないのです。 ここでさす、下関から京都までの道程は、「広義の」西国街道です。旧山陽道とよべば間違いはないんですが、現山陽道と紛らわしいので(主に検索的意味で)西国街道と呼びます。

さてスタートからいきなり国道です。カーブがきついのでなかなか恐ろしいところでした。 関門海峡はまるで川みたいですが、磯のかおりが。コンテナを満載したタンカーがいったりきたり




旅の始まりの景色。関門海峡



赤間神宮


◆ 茶臼山
竹林に覆われた茶臼山を前にみて、旧道は海からはなれて、古い集落へ入ります。茶臼山って、富海宿の手前にもあるんですが、なにか意味があるのかと思ったら。こんな理由勉強になりました。山の形の事なんですね。

茶臼山を通り過ぎると、左側に採石場があるので、ダンプがよく通ります。その先は集合団地の裏を通るように道が続くので、うら寂しいわりにこの道、車が通ってました。






PR