忍者ブログ

2019-12-12(Thu)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011-09-19(Mon)

廿日市




より大きな地図で 廿日市 を表示



3連休のうちで今日が一番天気が悪い予報だったので、廿日市で止める予定でしたが、意外と天気がよく晴れ間がさしてきたのでもうちょっと行く事にしました。
このあたり町中なので特になにも残っておらず、さくさく歩くだけではあるのですが
電車にのっているときに、こんもり高い山があるなあと思っていたら、それが廿日市八幡宮だった。ちょっと下から見上げたら、登る気合いがないなー…天満宮ではおなじみの牛の像が参道入り口にあります。自分の悪いところをこすると良くなるそうで、鼻がつるつるでした。八幡宮の向かいに本陣跡
少しあるくと、大きな松が一本見えます。これが街道松の名残だそうで…初めてじゃないかな街道松
海老橋を渡る時に磯の香りがしました。そういえば海が近いんだなあ。海沿いを走る街道なんですが海を見るのは久しぶりです。
今日はそのまま新井口まで行きました。鈴峯女子大前から井口にかけては、海に向かってものすごい急勾配になっています。下を通るみちと、崖の上を通る道とありますが、これは本来下の道から何処かで上へ上がらなければならないらしいです。今でも団地の中をとおれば途中で上に上がれそうですが…しかしなんでそんなことしたんだろう?





宮内串戸のお地蔵さん



廿日市天満宮



西国街道にも、松ってあったんだなあ



翌日、新井口からスタート。草津大石餅の掲示や、交番のあたりは昔は海岸線だったようです。確かに、地図でみれば海がすぐ其処まで迫っているのですが、今は言われなければ気づきません。昔そうであったように、山に入ったり、海がみえたりする旅をしてみたい。草津は旧家がたくさん残っているようで、案内MAPもあったので、時間があったらあちこち回ってみたかったですが、とりあえず瀬野まで行かないと。おそらく最長記録を更新する、28kmの行程なのですよ今日は。



小泉酒造



小泉酒造



高須までの町並み



屋根のうえで唐獅子がはねている家をよく見る。


高須駅前












PR