忍者ブログ

2019-12-12(Thu)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011-12-25(Sun)

岡山











吉備津神社参道入口を過ぎてさらに、ひたすら180号線、交通量が多いと言うか、このあたり何時も渋滞してるんですよね。以前よく通っていましたが、まさか此処が西国街道とは思わなかった。
川を渡って180号線から解放されると矢坂山の山裾をくるっと回る静かな旧道になりました。途中矢坂本陣の掲示がありましたが、西国街道の宿場だったという記述はみあたらず今の所謎です。
山裾から下り備前三門駅前を通過、道標には京橋近道とありました。

奉還街西口交差点を渡った先の旧道が見極め辛いですが、赤い舗装となり直ぐに商店街に入る道です。
この区間、ほとんど何も残っておらず、街道歩きとしては不毛地帯ですが、この奉還街と、岡山城下のアーケード街は、レトロから今げなカフェまで新旧いろいろなお店が入っていて、別の意味合いでは楽しめます。
駅前線路を地下道でくぐり、そのまま真っ直ぐ、対岸の道を行きます。目印と言うと、途中の火の見櫓と火伏地蔵くらい。
旭文具のある交差点を南へ折れると左に金刀比羅神社、そのまま岡山市のメインストリートに突き当たるまですすみ、大きな交差点をわたってさらに真っ直ぐ西へ、右にアーケード街が見えたら南へ右折。
此処から先はずっとアーケード街なので間違いはないと思います。

京橋を渡った先、左へ折れる分岐に立派な和菓子屋さんがあります。ここは牛窓港へ向かう牛窓往来との追分です。

ここから先、東岡山駅までは本物の不毛地帯です。ただの住宅街を6、7kmただひたすらに歩くだけ、ただ、この日は午後から吉備津スタートで日没がせまっていたので、逆に好都合でしたが、それでも東岡山に付く頃には日没後の薄明かりのみになっていました。日が短いなー






矢坂山の山裾をゆるゆると







奉還街商店街へ







平日昼間とはいえちょっと寂しい







こっちは城下の商店街





京橋。西側には道路元標があります。






重厚な和菓子屋さん。この辻が牛窓往来の追分














PR