忍者ブログ

2019-12-15(Sun)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012-06-07(Thu)

瀬川

軍行橋を渡る時に、なにやら飛行場のようなものが見えたのですが、それが伊丹空港だと知ったのは帰ってgooglemapを見た時です。
正直言ってこの辺りにくると、もう自分が日本地図のどこらへんを歩いているのか分かっていないのです。そうか、ここ大阪だものな、伊丹空港あるよね!道理で飛行機がえらく低く飛んでると思った。
街道ばかりでなく、時には地図を縮小してみるべきだと思いました。
橋を越えて少し歩き、街道は国道を離脱して住宅街の中を通る細い道になります。中国自動車道をこえた対岸には謎のモニュメントと駒の森十二神社があり、良い感じの参道が呼んでいたので一休みして行きました。オアシスです。
そのまま道なりにすすみます。阪急の線路では丁度電車が通過した。赤い電車は可愛い
街道は幹線の合間を縫うように、北へ向きをかえて続いています。大きな道路の対岸につづく旧道を見失わぬよう進み、もう一度阪急の線路を越えると其処からさきは一本道です。
瀬川本陣は桜井駅よりやや手前の自動車学校に、掲示が残るのみ。本陣周辺も特に面影がないので、この掲示がなければ瀬川宿の存在すら気づかずスルーしてしまいそうです。

瀬川宿中心を抜けて牧落に入ると、急に景色が代わり、田んぼと菜の花が目前にひらけました。久しぶりに見る景色です。さらに、家並みも街道風味を漂わせ、すぐ隣をはしる国道とは別世界がありました。まあ、その国道のコンビニやら全国チェーンやらに、昼食はお世話になっているのですけど

国道423号線横断付近で一度消失した街道は、横断後再び右へ分岐し復活します。小さな田畑が左右にある、静かで長閑な道でした。途中からは、道路が黄色く鋪装されており、街道である事をしめしています。
私はこの日、土地勘と路線に知識がないため、大阪モノレール豊川駅なんて、接続の悪い場所で終わりにしてしまい、次回のスタートに頭を悩ませる事になりました。



十二神社で休憩中。




桜が美しい季節なんですが、桜をうつすのは難しい





瀬川宿を通過すると突然こんな景色が…





しかも家並みも中々良いのです。















道なりに行くと、豊川駅の1kmほど前でY字路に行き当たります。真ん中にある道標は今も、堂々と左が京都と道を示しています。











より大きな地図で 瀬川 を表示
PR